武田一家の釣りバカ日誌2002

佐貫ウイングに行ってきました
[日時] 12月30日
[場所] 佐貫ウイング
[水温] 2℃位
[天候] 晴れ/風がやや強い
[釣果] 10本 [アルフレッド(茶、オリーブ)、ウルトラベスパ(茶、緑)、クラピー、カミオン、DDパニッシュ]
[ヒットルアー]
[最大] 約25cm
[最多] 
[同行] 橋本氏、小池氏、ジョー氏
[備考] 
[記事]
今回はコプラテクスを食べたいと言うことで、今回の釣行となりました。行ってみてびっくり。何しろ人が多かった。何かあるんだろうと思いながら釣り始めたが、何しろ渋かった。サクラらしきものが何本か上がったのみ。
今回面白かったのが、岸近くに溜まるヤマメとイワナの釣りだった。ちょんちょんとスプーンを上下させると飛びついてくるではないか。4〜5本くらい上がったかな。ミノーをただ引くよりちょっと面白い釣りでした。
今回の釣行はほんとに残念だったな。寒いところの釣りはやっぱりこうなの?

一人で関根養魚場へ・・・
[日時] 12月29日
[場所] 関根養魚場
[水温] 6℃位
[天候] 晴れ/風がやや強い
[釣果] 40〜50本 [アルフレッド(茶、オリーブ)、ウルトラベスパ(茶、緑)、クラピー、カミオン、ヴィクセン]
[ヒットルアー]
[最大] 約50cm
[最多] 
[同行] なし
[備考] 関根養魚場釣り大会出場(4位8.5kg、優勝者は10kg)
[記事]
アルフレッドおよびウルトラベスパの底引きを中心に入れ食いだった。最後は数が伸び悩んだが、まずまずの数を上げることが出来た。大物(ヤシオ)が1本しか上がらず、優勝できなかった(優勝者はヤシオ5本)のでこの辺が課題かな。

白河フォレストに行ってきました
[日時] 12月23日
[場所] 白河フォレスト
[水温] 3℃位
[天候] 晴れ
[釣果] 20本 [アルフレッド、ウルトラベスパ、クラピー、カミオン、ベビークランク、パニッシュ、ヴィクセン]
[ヒットルアー]
[最大] 約45cm
[最多] 
[同行] 細山兄弟
[備考] 
[記事]
10月には大変いい思いをさせていただいて、まだその余韻が残る白河フォレストでの釣行。一番前に並んで、狙っていた流れ込みを取って、すべてやることはやった、今日の爆釣は約束された、そう思った。しかし当日のコンディションはあまり良いと言えず、ところにより結氷していた。魚も散っており流れ込みに集まっていなかった。当日の放流は11時ごろ行われたが、それまでに1本も上がらない位渋かった。
放流で沈黙は破られた。放流場所近くを中心に上がりだした。スプーンのスロー底引きを中心にクランク等で15本前後あげた。午後も5本程度上げ草々に引き上げた。放流のみに頼る釣りと白河ならではの引きが味わえなかったのにはちょっと残念だったが、全体の雰囲気を考えると仕方ない結果でしょう。

ならやま沼でイトウ狙い!!
[日時] 12月22日
[場所] ならやま沼
[水温] 5℃位
[天候] 曇り/晴れ
[釣果] 15本 [アルフレッド、ウルトラベスパ、クラピー、カミオン、ベビークランク、パニッシュ、ヴィクセン]
[ヒットルアー]
[最大] 約25cm
[最多] 
[同行] 橋本夫妻
[備考] 
[記事]
イトウを求めて、ならやま沼へいった。イトウ狙いはもう3年目になるが1回かけたきりである。今日こそはと意気込んだが、やっぱり駄目だった。帰り際に広いほうの池を1周してきたが、スプーンの反応は凄いものだった。(3時くらい)私はクランクで釣っていたのであまり釣れなかったが。今年もイトウにはめぐり合えないのだろうか。

高萩ふれあいの里初見参!
[日時] 12月15日
[場所] 高萩ふれあいの里
[水温] 3℃位
[天候] 曇り/晴れ
[釣果] 25本 [アルフレッド、ウルトラベスパ、クラピー、カミオン]
[ヒットルアー]
[最大] 約55cm アルフレッド
[最多] 
[同行] 細山氏、根本(広)氏、崎本氏
[備考] 高萩ふれあいの里初釣行
[記事]
常陸那珂で働いている崎本との釣行を計画し、高萩ふれあいの里へ行った。池はあまり広くなく、当日のサードポンドは結氷していた。ただし、この悪条件の中、多くの人が釣りに訪れていた。ホームページでは大々的に宣伝しており、大物が売りの管理釣り場の印象を受けた。印象的だったのは経営者の意欲だった。やはり大物をどんどん放流していた。関根養魚場の放流風景を思い出してしまった。
朝釣り始めると早速クランクで大物が来た。60cmクラスの大物で、残念ながら取り込みで逃してしまった。水温が低く魚の動きはやや鈍かったのに。その後も50cmクラスのマスを初めまずまず釣果を上げた。
お昼は管理塔の食堂でとった。小さな娘さんがお手伝いしていたのが特に印象的だった。
午後の釣果は寂しいものだった。午後の放流後以外は釣れず、大物も釣れなかった。端で釣っていたフライマン、その反対端で釣っていたルアーマンだけ順調に釣果を伸ばしていた。私たちは釣れないし寒いし4時ごろ終わりにした。寒くなければ、大変いい釣り場だと思い残し帰途に着いた。

郡山オーパ3回目
[日時] 12月8日
[場所] 郡山オーパ
[水温] 5℃位
[天候] 曇り/吹っかけ
[釣果] 10本 [アルフレッド、ウルトラベスパ、クラピー、カミオン]
[ヒットルアー]
[最大] 約40cm(ブラウン) アルフレッド
[最多] 
[同行] 細山氏
[備考] 
[記事]
そろそろヒメマスが入ると言う情報を聞いて、出かけてみました。実際はヒメマスが入ってなく、楽しみは半減。流れ込みを重点的に狙ったが、思うように釣果が伸びず、散々な結果だった。

郡山オーパで大会だって!
[日時] 11月24日
[場所] 郡山オーパ
[水温] 6℃位
[天候] 曇り
[釣果] 3本 [アルフレッド(オリーブ、茶)、ウルトラベスパ(茶、濃オリーブ)、クラピー、カミオン、ラージシケイダー]
[ヒットルアー]
[最大] 約52cm アルフレッド(茶)
[最多] 
[同行] 細山氏
[備考] WILD-1CUP出場(準優勝101cm、優勝者は103cm)
[記事]
 今月8日に初釣行した郡山オーパでつり大会が開催された。35人くらい参加して行われた。数ではフライマンがルアーマンを圧倒した。まず、参加の記念品として、色々釣りグッズを頂き、席順番号を引いた。4番だった。微妙な番号だ。今回が2回目なので爆釣ポイントの見極めがちょっと難しい。贅沢言うと、もうちょっと人の動向が見たかった。前回爆釣したポイントはこのプレッシャーの中で釣果が出せるとは思わなかったし、流れ込みまわりも良くなかったし。「魚は真中に集まる」そう読んで、水深の深そうな流れ込みの反対側を選択した。(番号の早い人はその周辺に集まった。)
釣りが始まった。最初のルアーが勝負の分かれ目と思いつつ、シケイダーを使ってしまった。結局この賭けに失敗しスタートで後手を踏んだ。1投目は当たったがそれ以降めっきり。気分を変えて、次はクラピー(SR黒金)で狙った。49cmのレインボーを上げることが出来た。
池が狭くすぐスレる。スプーンに変更。アルフレッドのオリーブが当たった!60オーバーのスティールヘッドが掛かった。しかし、落とし穴はあった。2ポンドのラインで無理が出来ず、見当がつかないくらい走られてしまった。これじゃあ他人に迷惑が掛かる、そう思いドラグを少し絞った。瞬間プチンと音を立ててラインが切れた。唯一のアルフレッドのオリーブをロストした。
傷心のまま時間が過ぎた。ルアーマンには厳しい時間帯だ。1本上げたがサイズが小さい。計測せず逃がした。逃がしてから測ればよかったと後悔した。大会ルールは2本のサイズの合計である。もう1本上がらなければ1本のサイズで勝負しなければならない。非常に不利、と言うより望み無しである。全くと言っていいほどアタリがない。もう1本を死に物狂いで釣りに行った。細かにローテを行い、アタリをひたすら待った。
釣れないので皆休憩をし出した。私も休憩した。ただ、まだ諦められず、すぐに再開した。するとプレッシャーがなくなったせいか、当たった!しかも、サイズもなかなか。くしくも無くなったアルフレッドオリーブに代わって使っていた茶であった。慎重に釣り上げると51cmのスティールヘッドで一気に2位まで上がった。結局そのまま2位で終わった。商品券1万円分とパタゴニアのフィッシィングベストをもらった。更に抽選でスノーピークのリュック他小物をたくさん頂いた。
優勝者は結局流れ込みで釣りをしていたルアーマンだった。流れ込みでは皆釣果が伸びていた。前回のビギナーの釣果をあてにせずに、すんなり流れ込みにすればよかった。釣りは大変苦しいものであったが、いいものをたくさんもらって満足でしょう。


郡山オーパ初釣行!
[日時] 11月8日
[場所] 郡山オーパ
[水温] 6℃位
[天候] 曇り/吹っかけ
[釣果] 20本 [アルフレッド(オリーブ、茶)、ウルトラベスパ(茶、濃オリーブ)、クラピー、カミオン]
[ヒットルアー]
[最大] 約50cm
[最多] 
[同行] 細山氏、根本(広)氏
[備考] 郡山オーパ初釣行
[記事]
 本日の釣行は管釣り2回目の細山、管釣り2回目の根本と3人で決行した。天気はあまりよくなく、とても寒くて雪混じりだった。郡山オーパは朝9時からの開始と遅く、9時前には到着したが、9時になっても他のお客さんはまだ来ていない。これはビギナーにはきっと辛い釣りになるだろうと思った。
 釣りを開始したが、まあアタリはある。ちょくちょく釣れたがサイズは15cm位でかなり小ぶり、少しするとアタリがなくなってしまった。ビギナー二人は反対岸の流れ込み脇に移動したが、私は表層に魚気のある管理塔から最も遠いポイントに徐々に移動した。するとやはりアタリが増えてきた、と言うより入れ食いになった。スプーンでもクランクでも反応よく、こまめなローテーションで着実に釣果が伸びた。それを見て二人もポイントを移動したが、アタリは下火になりつつあった。(それでも何本かずつ上げることは出来た。)
 まあまあ、釣り上げたところでお昼にした。お昼は近くのコンビニで買って、管理塔隣の部屋で食べた。
 どこでも言える事であるが、放流がなければ釣果は次第に下がることが多い。ここもその例外でなくアタリはだいぶおちて来た。寒さにも負けて、今回も早めの帰宅となった。だんだん分かってきたがS氏との釣行でいい天気が少ないことに気づく。あいつ、雨男だ!

栃木支社釣り大会2002
[日時] 10月26日
[場所] 白河フォレストスプリングス
[水温] 10℃位
[天候] 曇り/晴れ
[釣果] 20本 [アルフレッド(光緑、オリーブ、茶)、ラージシケイダー(アブラゼミ)、クラピー、カミオン]
[ヒットルアー]
[最大] アルフレッド(光緑)52cm
[最多] アルフレッド(オリーブ)35cmクラス7本位
[同行] 栃木支社釣り同好会メンバー
[備考] 
[記事]
 栃木支社釣り大会も今年でもう3回目だ。今年こそは優勝してもいいんじゃないくらいに思っていたが、私の横に来た廣瀬さんに53cmのレインボーを釣られ撃沈。他で釣りをしていた長谷川さんは50台後半のレインボーを釣り上げていたそうで、あえなく3位に終わった。昨年、一昨年と風邪を引いていて満足な釣りが出来なかったことを考えると、満足の行く釣行だったがちょっと悔しい結果だった。釣った魚はいくらか持ち帰り、燻製にしました。燻製の腕はまだ未熟で、これまた満足いかない味だったけど(塩辛い!)、これから腕を上げておいしい燻製が作りたいな。

白河フォレストに行ってきました
[日時] 10月20日
[場所] 白河フォレストスプリングス
[水温] 12℃位
[天候] 雨/曇り
[釣果] 35本 [ラージシケイダー(アブラゼミ、クワガタ)、アルフレッド(黄、茶、オリーブ、黒)、ウルトラベスパ(茶、緑)、クラピー(DR黒金主体)、カミオン]
[ヒットルアー]
[最大] ラージシケイダー(アブラゼミ)50cmクラス3本
[最多] ラージシケイダー(アブラゼミ)約15本
[同行] 細山氏
[備考] トラウトキング選手権当日
[記事]
 まさに天国の釣りだった。
当日はトラウトキング選手権があり多くの人が詰め掛けていた。細山氏は管釣りデビューでこんな日に大会があるなんて不運な奴と思っていた。こんなにプレッシャーが高いんじゃ釣れないし、大会の出場者にも迷惑が掛かるかなあと思っていた。
ところが、受付を済ますと、大会参加者は1時間釣りが出来ないことが判明した。その1時間はまさに天国!何を使っても、何回当たりを外しても魚がのって来る!ここぞとばかりに釣りに釣りまくった。さすが白河のマスだ、この釣り応えは他の釣り場ではなかなか味わえない。そう言ったアタリが連続で続く、まさに天国の釣りではないか。
1時間みっちり魚を釣ると、さすがにアタリは鈍くなってくる。仕方ないよなあと思っていると、いよいよ選手権の始まりだ。ポンド周りはみっちり人で埋まった。でもその後もスプーン等で着々と数を伸ばし、お昼までに25〜30本は釣り上げた。
お昼は釣り場内の食堂でたっぷり。同行者には「管釣りは本来こんな甘いもんじゃない!」と説教しながら。午後に向けて構想を練りながら。
やっぱり、お昼過ぎると大変厳しい状況で(でも、表層でまだアタリが出る)、ちょこちょこ釣れたけど、もう我慢の限界。当日はとても寒く、おまけに雨模様。15時ごろには引き上げでした。今日はすごくいい思いをしたととりあえず満足の釣行でした。

木戸川2002
[日時] 9月
[場所] 福島県 木戸川
[釣果] 10本以上 [アルフレッド(黄、茶、オリーブ、黒)、クラピー(DR黒金主体)、カミオン(DR)]
[ヒットルアー]
[最大] アルフレッド(茶)50cm
[同行] 細山氏
[備考] 10回以上は行った
[記事]
今年はヤマメがいいと聞いてはいたが、自分にも当てはまるなんて思っても見なかった。最初はディープ系のクランクでそこそこ釣っていたが、色々試すと以外に釣れたりして、面白かった。最初はパニッシュなんかで釣ってたんだけど、悔しいくらい釣れなくて苦し紛れにクランクを使ってたまたま掛かったんだよね。スプーンも普通ならトゥインクル何かで攻めるところだけど、管釣りでは無敵を誇るアルフレッドを使ったのが結果的には成功したなあ。とにかく川の釣りでは最高にいい年だった。

忠類川2002
[日時] 9月12日〜13日
[場所] 北海道 忠類川
[同行] 橋本夫婦
[備考] 
[記事]
3日の予定で出かけたが、釣行中に祖母がなくなったため1日帰りを早める日程になった。ピンクが好調で、特に産卵後のメスが決まってヒットした。10g程度のスプーンにトレーラーのようにタコベイトを付けての釣りも絶好調だった。中には70cm以上のピンクもあって大盛況だった。その代わりチャムは渋くて、2日で2本しか上がらなかった。昨年はチャムのイクラにありつくことが出来たので、残念だった。来年もあの引きを味わいたいと思う。




大尻沼に行きました・・・
[日時] 7月5日
[場所] 群馬県 大尻沼
[水温] 20℃位
[天候] 雨/晴れ
[釣果] 3本位 [アルフレッド、カミオン、TTクランク]
[同行] 橋本夫妻
[備考] 
[記事]
ひどい風邪を引きながらの釣りで、さすがの私も途中リタイアでした。途中50cmクラスのレインボーを掛けたんだけど、取り込みでラインを切られ散々。ボートではぐったりするばかりでした。

2002年 中禅寺湖
[日時] 4月13日〜
[場所] 中禅寺湖
[釣果] ブラウン38cm(アルフレッド6.6g緑)
[同行] 橋本夫妻、廣瀬氏、長谷川氏、根本氏他
[備考] 
[記事]
初めて、解禁日にネイティヴを釣ったのが嬉しかった。ただし、悔しいこともあった。一緒に中禅寺を始めた橋本氏、後から始めた橋本夫人に大きく溝を開けられたからだ。解禁近くから釣果を伸ばし、HPでも大きく扱われていたのが羨ましかった。
橋本氏に至っては私との釣行で50台後半のブラウンや35cmのヒメマスを見事釣って見せた。ちなみに私は8ポンドラインを切られ、悔しい思いをした。来年はと俄然雪辱に燃えている。






[編集]
CGI-design